【完全版】CR牙狼 魔戒ノ花XX 止め打ち・捻り打ち

ゴンザ
今回は、CR牙狼魔戒をもっと甘くする止め打ち・捻り打ちについてでございます
冴島雷牙
牙狼は他の機種に比べて最も簡単だ。 誰にでもできるさ。

 

CR牙狼 魔戒ノ花XX 大当たり中の捻り打ち

雷牙のいうとおり、牙狼の止め打ちは他の機種に比べて簡単ですね。

ただし捻り打ちは普通に難しいw

 

捻り打ちは弱打ち・強打ちができないといけませんね。

弱打ちというのは、右打ちで天井に当たって減速した玉・かすって減速した玉を打つこと。

強打ちというのは、ハンドルを右に捻って強く打ち出される玉を打つことですね。

弱の玉と強の玉を近づける、理想はひっつけて・・・捻り打ち(ワンツー)の完成です。

マユリ
分からない・・・。

なかなかできないですよね。やっている人でも間違えてやっている人もいたり・・・。

まずは弱打ちができません、CR牙狼魔戒では天井をかすって減速する打ち方が難しいです(´-ε -`)

mm単位で弱打ちが出来るか、強打ちになってしまうか、左にこぼれるか変わってきます

 

ハンドルの持ち方

あ、そうそう。ハンドルの持ち方ですね。

hineritome1

このくらいが弱打ちのハンドル位置だな・・・と思ったら、人差し指をクイッとして固定します。

人差し指の握力だけでは簡単にズレてしまうので、手のひらを押し込む力でも固定しちゃいます

 

このように弱打ちをして天井に弱い玉が飛んでいるのを確認したら、すぐにハンドルを右に捻ってストップボタンを押します。

これで捻り打ちが出来ると思います。

 

大当たり中の流れ

実際の大当たりの流れですが、まずは強打ちでアタッカーに7個か8個入れます。

7個の場合は8個めを弱の確認として弱打ちで8個目を入れましょう。

アタッカーに8個入ったら弱強と捻り打ちをして9・10とオーバー入賞を狙います

(CR牙狼魔戒はアタッカー9カウント)

捻った後はストップボタンを押してアタッカーが閉まったら打ち出しを開始しましょう。

 

上級者の捻り打ち動画


これは大当たり中ではありませんが、電サポ中の捻り打ちです。

上級者になると、強打ちのためのハンドルを最小限にまで抑えて見た目では分かりづらく捻ってます。

 

注意・まとめ

  • 1R9個なので8個入ったら弱強と捻り打ちをしてストップボタンを押す。
  • アタッカーが閉まったら、次ラウンドの玉を打ち出す。
  • 弱ができているかどうかは、天井部分を見ながら行う。
冴島雷牙
捻りはそう簡単ではないね。
ゴンザ
天井をしっかり見てできているかどうか確認するのが大事でございますね、雷牙様。

 

CR牙狼 魔戒ノ花XX 電サポ中の止め打ち

これは結構簡単です。一番簡単なインターバル止めは、止め打ち関連に疎い人でも今すぐにでもできますね。

 

念のために、電チューの開放について書いておきます。

電チューはスルーを通ると抽選を受けて、スルー開放の保留がたまります。(最大4)

hineritome3

 

赤の丸で囲まれたところがスルー保留です。

どこが点灯・点滅しているかで何個保留がたまっているのか下のように確認できます。

セグで見る保留状態
保留0個 □□
保留1個 ■□(左のみ点灯)
保留2個 ■■(両方点灯)
保留3個 ■□(左のみ点滅)
保留4個 ■■(両方点滅)

 

電チュー開放パターン

本題の止め打ちに入りましょう(^o^)

CR牙狼魔戒の電チュー開放パターンは4開放の1セットです。

◯・・◯・・◯・・◯・・・・・◯・・◯・・◯・・◯・・・・・◯・・◯・・◯・・◯・・・・・

◯の部分がチューリップが開くタイミングですね。

 

インターバル止め

上にあるパターンを見ていただいたらわかるように

・◯・・◯・・・・・◯・・◯

この・・・・・の次のセットまでの部分に電チューの近くにある玉が無駄玉になります。

ですので、その部分をカットする打ち方が「インターバル止め」ですね。

これは2開放目が開く直前に打ち出しを止め、3開放が閉じる直前に打ち出すという簡単な手順でできます。

 

電チュー横の釘が綺麗なら、これだけでも+0.5玉/1回転増えちゃったりもしますね。

だいたいの台は現状維持程度ですかね(ーー;)

とは言っても減らさないことはとても大事です。

これは初心者でもすぐ実践できるので、是非やってみましょう。

 

単発打ち

これは開放のタイミングでちょうど玉が電チュー入るように1玉ずつ打っていく打ち方です。

 

2開放目が開く直前・3開放目が閉じる直前という部分はインターバル止めと同じです。

次セットの1開放目に入る玉は3開放が閉じる直前に打った玉になります。

手順は以下のようになります。

3開放目が閉じる直前に1個打つ(→次セットの1開放目に入る)

4開放目が閉じる直前に1個打つ(→次セットの2開放目に入る)

1開放目が開く直前に1個打つ(→このセットの3開放目に入る)

2開放目が開く直前に1個打つ(→このセットの4開放目に入る)

 

この方法はスルーが枯れなければ+1玉/1回転ぐらいいけます。

だいたいの台はスルー切れるので、インターバルと交互にやるなど組み合わせてやってみるといいでしょう。

 

2個打ち

単発打ちだとすぐ枯れる、インターバル止めだとすぐ減るというような状況の台は場合によっては2個打ちは効果的な打ち方です。

 

要は単発打ちのタイミングで2個打ちます。擬似捻り打ちのようなものです。

手順は以下のようになります。

3開放目が開ききったら2個打つ(→次セットの1開放目に入る)

4開放目が開ききったら2個打つ(→次セットの2開放目に入る)

1開放目が開く前に2個打つ(→このセットの3開放目に入る)

2開放目が開く前に2個打つ(→このセットの4開放目に入る)

実際はほぼインターバル止めのようなものでストップボタンをちょくちょく使うという感じですね。

正直あんまり使うことはない打ち方です(ーー;)

 

捻り打ち

上の2個打ちをより開放タイミングに合わせる、単発打ちの打つ瞬間につながった2個を放つようなイメージです。

30代くらいのプロはだいたいの人がやっているイメージ。

軍団の打ち子でやっている人は少ないです。やっててもできてなかったりw

 

太狼式の手順(2・2・2・1)はこちらです。

3開放目が開いたらワンツーで2個打つ(→次セットの1開放目に入る)

続けてワンツーで2個打つ(→次セットの2開放目に入る)

続けてワンツーで2個打ち、ハンドルを捻ったままにして(→このセットの3開放目に入る)

2開放目が開く前に1個打つ(→このセットの4開放目に入る)

 

2・2・2・2でもいいんですが、それだと電チューに入っているかどうかを見る時間が少ないため、最後は単発打ちにしています。

人によっては2・2・1・2であったり、2・2・1・1だったりしますね。自分のやりやすい方法を見つけてみてください。

 

ただ電サポ中の捻りは連チャンした時の指の死に方が半端ないので気をつけてくださいw

途中で単発打ちを挟むなり、インターバル止めにするなりしてみてください。

 

あとはしっかり天井を見ることですね。

いずれの方法にせよ、手順が終わったら電チューに目を移し、3開放が開いたら天井を見て捻りができているかチェックするということが大事ですね。

 

以上で解説は終わりです。

 

まとめ

 

  • インターバル止め:2開放目が開く直前に打ち出しを止め、3開放が閉じる直前に打ち出す
  • 単発打ち:3開放目が閉じる直前に1個・4開放目が閉じる直前に1個・1開放目が開く直前に1個・2開放目が開く直前に1個
  • 2個打ち:3開放目が開ききったら2個・4開放目が開ききったら2個・1開放目が開く前に2個・2開放目が開く前に2個
  • 捻り打ち:3開放目が開いたらワンツーで2個・続けてワンツーで2個・続けてワンツーで2個・2開放目が開く前に1個

 

マユリ
できそうか、ゴンザ
ゴンザ
私はインターバル止めで精一杯でございます、マユリ様。

ブログランキング

ザルバ
このブログはブログランキングに参加しているぞ。
 
にほんブログ村 パチンコブログへ

      2016/05/16

 - 牙狼 魔戒ノ花 攻略